SPECIAL ORDER特注製品

筒内可視化用 ボアスコープ

筒内可視化用 ボアスコープ

エンジン燃焼室内の噴霧や火炎の状況観察など外部から直接可視化できない部位を撮影するための可視化用特殊光学系です。実際にボアスコープで観察を行う場合、外形形状、寸法、観察方向、観察距離、撮影画角など、実際の使用条件に応じた要求仕様をクリアする必要があります。ナックではお客様ごとのご要求に応じて最適な光学系をカスタム設計しています。

  • 専用の耐熱レンズや光学系をエンジンに合わせて(撮影角度、撮影面積)設計しています。エンジンンのクリーン化にともない、紫外領域撮影用にUV光学系の製造も始まりました。ハイスピードカメラMEMRECAMシリーズでの撮影時に使用することで、エンジン燃焼室内の燃料噴霧や火炎の状況といった高速現象を確実に記録することができます。

  • ボアスコープ取り付け例
    MEMRECAM HX-3へのボアスコープ取り付け例
  • ●実験用エンジンだけでなく、量産向けの実機エンジンに合わせた設計が可能
    ●点火プラグ穴に対応した小径ショート光学系の設計も可能
    ●エンジンの振動をキャンセルするためリレー光学系やファイバー光学系でカップリング
    ●ガソリン、ディーゼル、水素燃焼に対応
    ●OH発光などの紫外領域撮影用にUV光学系の製造も開始
    (微弱な紫外領域発光の撮影には高速度撮影に対応した光増幅装置 イメージインテンシファイアUViが必要です)

  •