Kestrel

     
  • MAC3D System Kestrel カメラ
    小型な筐体と高解像度を兼ね揃えたモデルで、手のひらサイズながら220万画素という高解像度で高速撮影にも対応した新型モデルです。

  • 手のひらサイズのカメラながら220万画素のセンサーを搭載し、フル解像度時で300fps撮影可能な新型モデルです。小型であり高解像度、高速撮影のできるKestrelはどのような場面にも有効です。例えば実験機材の関係でカメラの設置位置に制限がある場合や通常サイズのマーカーを取り付けられない対象を撮影したい場合、スポーツなど高速な現象を撮影したい場合などで力を発揮します。

  • Kestrelカメラはベースボール大
    Kestrelは他のカメラに類を見ない広角撮影が可能です。標準の8mmレンズの場合、水平70° 以上、垂直40° 以上のエリアが撮影可能です。広角で撮影できることは大きなアドバンテージになります。1台でカバーできるエリアが広がるため撮影に必要となるカメラ台数が少なくなります。カメラの設置できる範囲が限られている場合でも、画角を生かし広いキャプチャーエリアを構築することが可能です。自動車の車内など狭くカメラを設置できる場所が限られてしまう場合にも、とても有効なカメラです。

  • 小型

    line
    (W)86×(H)90×(D)80mmという手のひらサイズのカメラはどのような設置場所にも対応できます。自動車の車内や実験機材の隙間などさまざまな場所でのモーションキャプチャーを可能とします。

  • 高解像度

    line
    小型でありながら220万画素のセンサーを持つKestrelは被験者の動きの妨げにならないような小さなマーカーでも撮影が可能です。また、通常サイズのマーカーを取り付けられない対象に極小マーカーを設置し細かな動作を撮影することができます。マーカーをより多くの画素で分解できるため精度も大幅に向上します。

  • 広角撮影

    line
    1台でカバーできるエリアが広がるため通常よりカメラの台数が少なくキャプチャーエリアを構築できます。また、カメラの設置可能スペースは狭いが広いエリアを撮影したい場合、例えば自動車車内や実験機材の隙間などにとても力を発揮します。

  • 高速撮影

    line
    小型でありながら300fpsを220万画素で撮影することができます。スポーツなどの高速な動きを撮影するのはもちろん小動物や振動試験なども撮影できます。細かな動きを撮影するにはカメラを対象に接近させるため相対速度が上がり高速撮影が必要となります。

  • イーサネット接続

    line
    カメラへの電源供給やデータの送受信はイーサネットケーブル(Cat5e以上)1本で行います。専用ケーブルと違い市販品を使えるため安価であり、配置するカメラの場所に最適な長さのケーブルを選ぶことでケーブル配線がコンパクトになります。

  • システム構成

    line
    Kestrel
  • 仕様表

    line
    画素数 220万画素
    解像度 2,048×1,088pixel
    フル解像度時撮影速度 300fps
    有効撮影速度 1~600fps
    レンズマウント Cマウント
    レンズ長 8mm

  •