リアルタイム溶接良否判定システム Weld-Judge

     
  • Weld-Judge(ウェルドジャッジ)は、専用に開発された装置で収集した映像を基にユーザーが設定するキーホール、スパッタ、ヒュームの3種を判定基準としてリアルタイムで溶接良否を判定するシステムです。判定によるログ、動画保存ができるほか、判定出力信号を機械へフィードバックをすることも可能です。生産ラインでの生産効率、品質向上のツールとして活用できます。

  • Weld-Judgeカタログダウンロード

    line
    Weld-Judgeカタログダウンロード
    Weld-Judgeは、ハイスピードカメラで溶接現象を可視化・観察し、その画像を基にリアルタイムに良否判定します。製造中の不具合を即座に判定できると共に不具合時に動画が保存できるため、原因追究および最適条件の構築などが行えます。



  • お問い合わせ

    line

  •         

    関連リンク