オンエアグラフィックス

VIRTUAL PLACEMENT

VIRTUAL PLACEMENT

VIRTUAL PLACEMENT(バーチャルプレイスメント)は、画像解析技術により入力された映像の変化に合わせてカメラトラッキングを行い、CGを合成して送出まで可能な放送用オンエアグラフィックシステムです。

  • Virtual Placementは、1セットのパソコンで構成された非常にコンパクトなシステムです。パソコンに入力されたHD-SDIライブカメラ映像に対し、任意の場所に任意のパースペクティブを付けたCGを重畳させ、リアルタイム画像処理アルゴリズムによりカメラ映像のパン、チルト、ズームなどの画角変化にCGを自動追従させることができる、クロマキーヤー内蔵のグラフィックツールです。 生放送で印象的な映像を提供することが可能で、専門のオペレーターや高価なカメラセンサーを必要としません。サッカー中継でチームフラッグや得点をフィールド上に描画したり、スタジオでCGを用いた試合解説などで運用されています。

  • 複雑なカメラキャリブレーションが不要

    リアルタイム画像処理アルゴリズムにより、入力されたHD-SDI映像の動きを解析し自動追従するため、カメラセンサー不要でCG合成が行えます。撮影している映像信号を入力するだけなので、パソコンを中継車の中に設置しパソコンでの設定のみですぐにCG送出が行えます。

  • 多目的な機能

    Virtual Placementは、スタジオ・中継のどちらでも使うことができます。

  • 手軽にスポンサーサポートが行えます

    広告、スコアの統計、スポンサーロゴ、スポンサーのメッセージやCGのLEDスクリーンなどを映像に重畳できるため、今までにない広告収入も期待できます。ピクチャーインピクチャー機能にも対応しています。

  • 簡単な操作

    専用のハードウェアが不要で、直観的で使いやすいシステム設計のため専門のオペレーターが必要ありません。主だった機能はマウスで操作可能です。

  • アンカー認識

    アンカー追跡モジュールはフィールド上にグラフィックを配置するためにシーンカット検出技術を使っています。その結果システムが現場にある必要がなく、どこでも映像に演出を付加することができます。スポーツトラッキングシステムと組み合わせて、データビジュアリゼーションに発展させることも可能です。

  •         
  •         
  • VIRTUAL PLACEMENTの仕様・構成

    VIRTUAL PLACEMENT
    VIRTUAL PLACEMENTは、WindowsベースのソフトウェアとUSBドングルライセンスの形でご提供します。推奨PCはHPのZ840、推奨HD-SDI入出力ボードは、Bluefish444です。詳しいスペックはお問い合わせください。

  •         
  •         
  •