サポート

動作解析ソフトMOVIAS Neoの動作条件とアップグレード内容

     
  • アップグレード対象製品と配布ソフトウェアについて

    line
    無償でのアップグレード対象製品と配布ソフトウェアのバージョンは下記の通りです。お持ちのソフトウェアが対象製品であるかご確認の上、ご利用ください。

    無償提供Ver.:Ver.2.54
    対象製品:MOVIAS Neo Ver.1.00a~Ver.2.53a

    オプション機能をお求めの方は有償となりますので、計測営業部までお問い合わせください。なお、旧MOVIASシリーズ製品(MOVIAS PRO、MOVIASほか)は無償バージョンアップの対象外となります。

  • 動作条件(オプションは除く)

    line
    CPU Pentium4 2GHzまたは同等以上のもの
    メインメモリ 512MB以上(推奨1GB以上)
    ハードディスク ソフトウェアのインストールに150MB以上の空き領域を持つこと(データ領域は200GB以上推奨)
    ディスプレイ 表示解像度1,024×768*以上(推奨1,920×1,080以上)
    OS Microsoft WindowsVISTA、WindowsXP(推奨SP3以降)、Windows 2000(推奨SP4以降)、Windows7
    DirectX Microsoft DirectX 9.0C以降
    プロテクトキー 付属のUSBキーをご使用ください

  • *縦の表示解像度が864未満の場合、「アナログ波形データインポート(詳細設定) 」ウィンドウは「画像の持つシーケンスを参照する」設定をOFFにしてご使用ください。

  • アップグレード内容

    line
    Ver.2.54
    1.既知の不具合の改善

  • Ver.2.53
    1.既知の不具合の改善

  • Ver.2.50
    1.拡張レンズ歪み補正機能

    ・歪み補正計算方法を改善して、格子の線数が13×11以上のとき「領域別多項式補正」を行うようにした。

    ・レンズ歪み補正チャートがない場合に、計測画像を見ながらGUI操作で歪み補正を行う機能を追加した。

    ・チェス盤形式の歪み補正チャートに対応した。

    2.画像位置合わせ(有償オプション)

    ・画面軸合わせ機能:2点画像位置合わせ時に、位置合わせ基準点の2点を結ぶ線分を画面の水平・垂直にできるようにした。

    ・画像領域拡張機能:画像位置合わせ表示時に、画像の一部が切れてしまう問題の対策として、画像サイズを拡張できるようにした。

    3.4分円角度のキャリブレーション

    ・4分円の角度計算時にキャリブレーションの軸設定を反映して計算するようにした。

    4.グループ角度の基準フレーム設定

    ・グループ角度の解析グラフ作成時に、角度を0度として扱うフレーム(基準フレーム)を設定できるようにした。

    5.組み合わせ出力の時間範囲設定。

    ・組み合わせ出力設定ダイアログで、出力範囲を設定・確認できるようにした。

    6.既知の不具合の改善

  • Ver.2.40
    1.4分円とグループ追尾の角度をグラフ・リストで表示し、CSVファイルにも出力できるようにした

    2.ユーザー定義点対応

    3.画像位置合わせ機能のパース変換対応(有償オプション)

    4.パース変換の実長設定で、実座標を入力できるようにした。

    5.カスタム仮想点の画像重畳表示対応。

    6.モード切替ツールバーを常に左寄せ表示するようにした。

    7.AVI出力する範囲を現在再生スライターバーで表示している再生範囲で出力するようにした。