フィルム検査テーブル

RTI Film Inspection

RTI Film Inspection

フィルム検査テーブルは、フィルムのビューイング、スキャン、ワインドなどを行うものです。

  • RTIグループ・C.I.R.社のフィルム検査テーブルは、35mmと16mmのポジフィルムとネガフィルムに対応し、ビューイング、スキャン、ワインドなどを行うことができます。開発時のコンセプトはフィルムに適切なテンションをかけてワインドするものでしたが、デジタル技術を取り入れて検査するオペレーターが使いやすいようHDカメラによるビューワーシステムを採用しました。

  • フィルム検査テーブル"D-オブザーバーHD"
    D-オブザーバーHDは、フィルムのワインド機能にHDのビューワー機能を付加したものです。1,920×1,080ピクセルのCCDを使い、オペレーターがモニター画面上で30fpsまでの任意の速度でちらつきのない画像を見ることができます。

  • HDデジタルビューワー
    HDデジタルビューワー機能を使えば画像の任意の位置を拡大したり画質をパソコンから制御することができます。また広い範囲のエリアを確認することができるので、映像の品質はもちろん、アナログやデジタルサウンドトラックやパーフォレーションの状態も確認することができます。

  •         
  •         
  •         
  •         
  •