カメラトラッキング

RedSpy

RedSpy NEW

RedSpy(レッドスパイ)は光学式カメラトラッキングシステムです。収録用のカメラにRedSpyカメラを取り付けることで、カメラの位置情報とレンズデータをリアルタイムに収集しCGレンダリングエンジンとの連動が可能になります。RedSpyカメラには3種類のセンサーが搭載されており、これらのセンサーから得られるデータを最新のアルゴリズムでリアルタイムに解析し高精度なカメラトラッキングを行います。

  •  

  • 3種類の検出機能

    収録用カメラに取り付けるRedSpyカメラ(位置情報検出センサー)には3種類のデータ検出機能が搭載されています。検出されたデータを最新のアルゴリズムでリアルタイムに解析し、高精度なカメラトラッキングを行います。また、RedSpyカメラは工夫次第でどんな収録用カメラにも取り付けることが可能です。 

  • マーカー検出用4K赤外センサー
    床や天井の反射マーカーを4K高解像度カメラで正確に捉え位置情報を検出します。

    加速度センサー
    カメラの揺れや急な挙動を検知し赤外センサーが障害物に遮られてもシームレスにデータを収集し続けます。

    ジャイロセンサー
    カメラの姿勢を検出します。

  • 安定したカメラトラッキング

    RedSpyはカメラの激しい揺れや急な動作にも安定したトラッキングが行えるため、クレーンやステディカムでの運用に限らず、肩担ぎや手持ち撮影でも威力を発揮します。屋内外で使用できるため環境を選ばず幅広い運用形態に対応します。

  • ライブ運用に対応、放送ワークフローとの高い親和性

    RedSpyはCNN、MTV、BBC、FOX、SKYなど世界中のテレビ局で導入・運用されています。選挙放送やスポーツ中継、コンサートや各種式典といったライブイベントで、高品質かつリアルなVR/AR表現で番組を演出し好評を得ています。また、設置が容易なため出先の仮設スタジオなどで高精度なバーチャル演出が手軽に行えます。

  • 屋外ではステージの床面に反射マーカーを貼りRedSpyカメラを下向きにセットして運用できます
     

  • 高品質なプレビズ

    RedSpyはグリーンバックで撮影される映画やCM、テレビドラマなどでリアルタイム・プレビズを実現します。バーチャル空間をリアルタイムでよりリアルに確認できることで、出演者やスタッフは想像力だけに頼ることなく演技や演出が行えます。

  •  

  • 主要なレンダリングエンジンに標準対応

    RedSpyは、Zero Density、Vizrt、Brainstormなどの主要なレンダリングエンジンとの接続に対応しています。D1(FreeD)形式での接続が可能なほか、D1形式に含まれるデータに加え、レンズの歪データやFODデータを含むHFプロトコルでの接続も可能です。トラッキングデータはFBXおよびXMLファイル形式で保存可能で、タイムコードとレンズディストーションデータも保存できます。そのため、保存されたトラッキングデータはそのままポスト処理で使用することができます。また、オリジナルのプラグインを使用することでMayaやUnreal Engineとの接続が可能です。

  •         
  • RedSpy製品仕様
    RedSpyカメラ サイズ:約(Φ)6.3 ×(H)12 cm
    重量:約0.35kg
    搭載センサー 4K光学式センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー
    メインユニット サイズ:約(W)22 ×(L)22 ×(H)4 cm
    重量:約1.5kg
    RedSpyカメラとメインユニット間の接続 光ファイバーケーブル(データ、電源)
    ※最大延長100m/別途延長ケーブル必要
    操作インターフェース 専用タッチスクリーンモニター
    対応レンズ キヤノンENGレンズ/デジタル(専用ケーブルによる接続)
    フジノンENGレンズ/デジタル(専用ケーブルによる接続)
    その他のレンズ(専用外付エンコーダーによる接続)
    RedSpyシステムデータ遅延 1フィールド以下(NTSCの場合16.6ms)
    位置分解能 <0.1mm
    角度分解能 <0.003°
    運用スタイル (例)ペデスタル / ドリー / ステディカム / クレーン / ハンドヘルド ほか
    レンダリングエンジン
    対応レンダリングエンジン Vizrt / Brainstorm / Zero Density / Avid / Wasp3D / Xpression ほか
    レンダリングエンジンとの接続 Ethernet(UDP オーバーIP)、シリアル、UDPワイヤレス
    レンダリングエンジンとの通信プロトコル D1(FreeD)/ STYPE HF / STYPE A5
    保存データフォーマット FBX、XML

  •         
  •         
  • RedSpyカメラ
    RedSpyカメラには4Kセンサーをはじめ加速度センサーやージャイロなどの各種センサーが搭載され、さまざまな状況下で安定した運用が可能です。4Kセンサーは焦点深度が深く高低差のあるカメラワークを行っても確実にマーカーを認識し続けます。また、カメラが遮られマーカーを撮影できなくなっても、加速度センサーやジャイロによってシームレスにカメラトラッキングが行えます。

  • RedSpyメインユニット
    RedSpyメインユニットは運用方法に合わせて設置場所を選択できます。カメラ側への設置(三脚などへの取り付け)や延長ファイバーケーブルの利用によりベースに設置することも可能です。

  • 操作用タッチスクリーンモニター
    RedSpyシステムの操作を行うタッチスクリーン式モニターです。ウィザード形式のメニューによるキャリブレーション操作やシステムの各種の設定が行えます。また、マーカーの識別状態をリアルタイムに監視できます。

  • ENGレンズ用エンコーダーケーブル(エンコーダー搭載のキヤノン/フジノンレンズ用)
    放送用のENGレンズで使用するケーブルです。キヤノンおよびフジノンレンズ用がそれぞれ用意されており、レンズのグリップモーター部分のバーチャルポートコネクターから出力されるズームとフォーカス情報を取り出すことができます。デジタルタイプ(20ピンコネクター)の放送用レンズで使用できます。ケーブルは標準セットに含まれています。

  • 外付けレンズエンコーダー(エンコーダー未搭載レンズ用)
    エンコーダーが付属してない映画用レンズなどに装着することで、フォーカス、ズーム情報を検出することが可能になります。標準セットには放送レンズ用のギア(歯車)が付属しています。映画用レンズのギアはオプションです。

  • ファイバーケーブル
    RedSpyカメラとメインユニット間は光ファイバーケーブルで接続し最大100mの延長が可能です。光ケーブル一本でデータ通信と電源供給が行えます。標準セットには2.5mの光ケーブルが付属しており、有料オプションにて最大100mまでの範囲で任意の長さの光ケーブルを製作可能です。

  • USBドングル
    RedSpyシステムの運用に欠かせないライセンス内蔵のUSBドングルです。システム運用時に使用します。標準セットに含まれます。

  •         
  •         
  •