ラージフォーマット対応シネレンズ

Cooke Anamorphic/i Full Frame Plus

Cooke Anamorphic/i Full Frame Plus

アナモフィック/i フルフレームプラスは、ラージフォーマット対応のアナモフィック単焦点レンズシリーズです。フル35mm、3:2アスペクトに最適な1.8xのスクィーズ率を採用しています。

  • フル35mm(36×24mm)3:2フォーマットに最適な広いイメージサークルの1.8xアナモフィック単焦点レンズです。T2.3の明るい開放絞り値を実現。S4/iに代表される各種クックレンズならではの印象的なレンズ描写”Cooke Look”にアナモフィックレンズならではの質感が加わります。

    Cooke/i(クックスラッシュアイ)方式のレンズデータ出力に対応し、PLマウントの接点および筐体側面の出力端子から外部機器に接続が可能です。

  • スクイーズ倍率1.8xの理由

    アナモフィックレンズというと2.0xの倍率のものが数多くありますが、2.0xは4:3アスペクト比のセンサーに最適とされる倍率です。多くのラージフォーマットカメラはフル35mm、3:2フォーマットを採用しており、これに2.0xのアナモフィックレンズを装着するとシネマスコープの画としては横方向に長くなりすぎるため、結果として画素が無駄になります。そこで、クックは倍率1.8xを採用。本来、フル35mm、3:2フォーマットにおいて最も画素を活かすことができるのは1.6xですが、1.6xでは倍率が低くアナモフィックレンズならではのボケ味やトーンが発揮されずらいと判断。画素損失を抑えつつアナモ描写も失われない、2.0xと1.6xの中間となる1.8x が採用されました。

  •         

    関連リンク

  •         
  • ラインナップ マウント 絞り値 M.O.D. 前玉外径 全長 重量 レンズデータ
    Anamorphic/i Full Frame Plus 32mm PL T2.3-22 0.9m/35" 136mm 206mm 4.2kg Cooke/i
    Anamorphic/i Full Frame Plus 40mm PL T2.3-22 0.9m/35" 136mm 212mm 4.4kg Cooke/i
    Anamorphic/i Full Frame Plus 50mm PL T2.3-22 0.85m/33" 110mm 204mm 4.0kg Cooke/i
    Anamorphic/i Full Frame Plus 75mm PL T2.3-22 1.0m/39" 110mm 206mm 3.5kg Cooke/i
    Anamorphic/i Full Frame Plus 85mmマクロ PL T2.3-22 0.5m/22" 136mm 272mm 5.2kg Cooke/i
    Anamorphic/i Full Frame Plus 100mm PL T2.3-22 1.2m/46" 110mm 228mm 3.8kg Cooke/i
    Anamorphic/i Full Frame Plus 135mm PL T2.3-22 1.5m/58" 110mm 271mm 5.0kg Cooke/i
    Anamorphic/i Full Frame Plus 180mm PL T2.3-22 2.0m/80" 110mm 314mm 6.2kg Cooke/i

  • 各仕様の定義は以下の通りです。

    マウント:選択可能なレンズマウントの種類。 /で区切られて複数表記がある場合はマウント交換が可能
    絞り値:開放値から絞りの最大値
    M.O.D.(最短撮影距離):撮像面からフォーカスが合う面までの最短距離。
    前玉外径:レンズ筐体前頭部のマットボックスを装着する部分の直径
    全長:レンズマウントのフランジ面からレンズ先端までの長さ
    レンズデータ:出力可能なレンズデータの方式

  •         

    関連リンク

  •         
  •         
  •