テーマで選ぶCategory & Theme

溶接

溶接リアルタイム良否判定

category_img

専用に開発された装置で収集した映像をもとにユーザーが設定する高輝度、スパッタ、ヒュームの3種を基準に溶接プロセス中に良否を判定します。判定によりログ、動画保存ができるほか、判定出力信号を加工機へフィードバックすることも可能です。製造ラインでの生産効率、品質向上のツールとして活用することができます。

<主な特長>
・500Hzでリアルタイム判定
・小型カメラなため同軸、装置設置が容易
・溶接後即座に良否判定、動画として保存可能

     
  • 溶接リアルタイム良否判定システム Weld-Judge

    line
    Weld-Judge(ウェルドジャッジ)は、専用に開発された処理ボード、ソフトウェア、制御・開発用PC、映像を取得するカメラ(C-Cam)で構成されています。カメラは小型・高感度タイプを採用し、同軸撮影や溶接ロボットに取り付けて撮影することも可能です。

    More Info
  • 高輝度、スパッタ、ヒューム3種をユーザー側がパラメーターを設定し、リアルタイムで良否判定する装置です。各判定による信号出力があるほか、ログ・動画保存ができ、加工機へフィードバックすることも可能です。

    More Info
  • 溶接リアルタイム良否判定システム Weld-Judge
    More Info
  • More Info
  • More Info
  • オフライン解析

    line
    ハイスピードカメラMEMRECAM(メモリカム)で撮影した映像をWeld-Supportソフトウェアで解析し、溶接の良否を判定します。スパッタ数・ヒューム面積・高輝度面積の各閾値はユーザーが自由に設定できます。また、撮影部となるハイスピードカメラは用途や現場の状況に合わせて選択できます。

    More Info
  • Weld-Supportソフトウェア
    溶接リアルタイム良否判定
    Weld-Supportソフトウェアでの解析画面
    ナックハイスピードカメラで撮影後、映像中のスパッタ数・ヒューム面積・高輝度面積を画像処理で自動検出し、溶接の良否がオフラインで判定できます。各条件はユーザーが設定できるので、現場の状況にあった最適な溶接手法が確立できます。

    More Info
  • 導入事例

    line
    業種 : 自動車 / 鉄・非鉄金属 / 重工業
    対象 : アーク溶接 / レーザー溶接 / ハイブリッド溶接 / 溶断

    More Info
  •         

リアルタイム溶接良否判定システム Weld-Judge

  • この製品のカタログをご希望のかたは(カタログリスト追加)ボタンを 押してください。カタログダウンロードページでダウンロードできます。