テーマで選ぶCategory & Theme

燃焼

燃焼・爆発の可視化解析

category_img

製品の安全性を確認するために、燃焼の着火タイミング、物体が爆発するときの燃え広がり方などを観察することができます。

     
  • 燃焼・爆発の可視化解析

    line
    都市ガスの希薄混合気が噴出する様子を20,000コマ/秒で撮影しました。管状火炎では、チューブ状の火炎が形成され、その内部に高温の燃焼ガスが旋回して流れます。その高温の燃焼ガス中にバーナー中央底面の内径4mmの噴出孔から都市ガス(13A)のみを噴出しています。

    More Info
  • More Info
  • 推奨ハイスピードカメラ(高速度カメラ)

    line
    燃焼や爆発を可視化するのに最適なハイスピードカメラ(高速度カメラ)です。

    More Info
  • ハイスピードカメラ MEMRECAM ACS-1
    ハイスピードカメラ MEMRECAM ACS-1
    ISO感度 モノクロ 50,000
    解像度 1,280×896pixel
    撮影速度 50~540,000fps
    記録時間 5.6秒(10,000fps、64GB、8bit時)

    More Info
  • ハイスピードカメラ MEMRECAM HX-3
    ハイスピードカメラ MEMRECAM HX-3
    ISO感度 カラー / モノクロ 2,000 / 10,000
    解像度 2,560×1,920pixel
    撮影速度 50~1,300,000fps
    記録時間 6.9秒以上(1,000fps、32GB、8bit時)

    More Info
  • ハイスピードカメラ i-SPEED726
    ハイスピードカメラ i-SPEED726
    ISO感度 カラー / モノクロ 1,800 / 5,000
    解像度 2,048×1,536pixel
    撮影速度 100~1,000,000fps
    記録時間 30.9秒以上(1,000fps、96GB時)

    More Info
  • オプション・撮影アクセサリー

    line
    ハイスピード撮影をサポートするアクセサリーです。イメージインテンシファイア(光増幅光学装置)や二分岐光学系を組み合わせて撮影することがあります。

    More Info
  • イメージインテンシファイア UVi
    微弱光や紫外光撮影ではイメージインテンシファイア(I.I.)を使用することで可視化できます。燃焼撮影ではラジカルなどの特定波長計測、もしくは励起発光現象を撮影するのに適しています。ハイスピードカメラ、ハイスピードシャッターカメラのどちらでも使用可能です。

    More Info
  • イメージインテンシファイア UVi
    繰り返し周波数 最大100KHz、最大400,000倍の光増幅
    光増幅 最大400,000倍
    波長域 200~850nm
    外径寸法 (W)85×(H)105×(D)180mm
    質量 約1.5kg

    More Info
  • 二分岐光学系 TM2S
    1台のハイスピードカメラで2つの波長を取得することができる光学系です。イメージインテンシファイア UViと組み合わせて燃焼の紫外域と可視域の違いを計測、もしくは可視域の2波長を計測そ2色法温度解析を行うことも可能です。

    More Info
  • 二分岐光学系 TM2S
    対応波長 可視光~近赤外領域(波長組み合わせについては要相談)
    マウント 対物側:Cマウント、カメラ側:Fマウント
    対応光学サイズ 最大(H)21.12mm×(V)11.88mm
    対応画素数 最大1,920×1,080pixel
    外形寸法 (W)120×(H)116×(D)197mm
    質量 約2.5kg

    More Info
  •         

燃焼噴霧現象可視化・解析システム

  • この製品のカタログをご希望のかたは(カタログリスト追加)ボタンを 押してください。カタログダウンロードページでダウンロードできます。