テーマで選ぶCategory & Theme

生命科学

べん毛の挙動観察

category_img

微生物や精子が移動する際の推進力となっているべん毛の波形解析を行うことで、微生物の運動機構の解明に役立ちます。厚みがありピントを合わせるのが難しい微生物の撮影には、広い視野を一気に可視化できる高解像度のハイスピードカメラが有効です。また、センサーのピクセルサイズも従来機(※)と比べて約半分のため、光学系の倍率を上げずに撮影でき、被写界深度を高めることが可能です。

※ハイスピードカメラMEMRECAM GX-1比

     
  • べん毛の挙動観察

    line
    べん毛の挙動観察
    システム構成例
    More Info
  • More Info
  • 推奨ハイスピードカメラ(高速度カメラ)

    line
    ピントを合わせるのが難しい微生物の撮影に適した、広い視野を一度に可視化できる高解像度のハイスピードカメラ(高速度カメラ)です。

    More Info
  • ハイスピードカメラ MEMRECAM HX-7S
    ISO感度 モノクロ 画質優先モード:10,000
    感度優先モード:80,000
    解像度 2,560×1,920pixel(50~850fps)
    撮影速度 50~200,000fps
    記録時間 6.9秒以上(1,000fps、32GB、8bit時)

    More Info
  • ハイスピードカメラ MEMRECAM Q1m
    ISO感度 モノクロ 画質優先モード:6,400
    感度優先モード:20,000
    解像度 1,280×1,024pixel(50~2,000fps)
    撮影速度 50~87,000fps
    外形寸法 約(W)62×(H)62×(D)65 mm
    質量 約470g

    More Info
  •